アロワナの飼い方

アロワナ観賞魚として人気の高い熱帯魚で、特にシルバーアロワナなどは稚魚だと値段も比較的安価で販売されています。
しかしアロワナは時間とともに大きくなり最大では1mにも成長しますので、最低でも150−200mの大型水槽が必要となりますので、あまり狭い場所でのアロワナ飼育はオススメできません。

またアロワナは温度管理にも気を使う必要がある、大体25℃前後がちょうどよいくらいでしょう。

アロワナのエサには小魚などを与えますが、その他にも昆虫やワーム類など複数のエサを用意し、与えて栄養バランスを取りながらアロワナを飼育する必要があります。

アロワナの繁殖は、オスとメスの固体同士の相性が遭わなければ、繁殖行動をとらないようなのでとても難しいですが、仮に繁殖をすれば卵や稚魚をアロワナ自身の口の中で育てて大きく育てます。

しかし飼育されたアロワナの場合では、オスが食べることもあるようですので注意が必要となります。

そのためにアロワナを繁殖させるには、相当な設備と後は運任のようです。
posted by ドンドコ at 10:50 | アロワナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロワナの種類

アジアアロワナ
 アロワナではワシントン条約の絶滅危惧種に指定されており、原産国のインドネシアやマレーシアからの輸入は養殖固体しか認められていませんので、日本へは主にシンガポールの養殖アロワナが輸入されています。体長60−70cmに育ち中にはますが、突然変異種の赤や金色のものは高額で取引されています。

シルバーアロワナ
 南米アマゾン川に生息する種類で体長も1mにも成長します。このアロワナは現地では食用にも供されていますが、日本人の感覚には遭わないでしょう。価格は比較的安価での購入が出来ます。

ブラックアロワナ
 アマゾン川中流から分岐したネグロ川に生息しているアロワナですが、稚魚の水温・水質変化に弱いため、飼育に馴れない人には不向きなアロワナです。

ノーザンバラムンディ 
 アロワナとしては気性が荒く混泳が困難といわれており、体も柔軟性にかけるために反転をし易くするために、比較的広い水槽での飼育が必要なアロワナです。

スポッテッドバラムンディ
 アロワナとしての体型はノーザンバラムンディと類似し、鱗に赤色のスポットがあります。

posted by ドンドコ at 10:47 | アロワナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロワナの特徴

アロワナが水槽で優雅に泳ぐ姿を見ると、なんだか見ている方の気持ちがユッタリとしてきますが、アロワナは淡水魚のなかでも大型に成長する種類が多く、食性も肉食でエビや魚、虫などを襲い捕食しますが、水槽で飼うアロワナは穏やかな性質で飼育できるようです。

しかし、アロワナの中でも南米アマゾン川を生息域とするものは、ピラニアやワニといった獰猛な水中生物も多いために、外敵から身を守る術として、アロワナの水上へのジャンプが知られています。

従って水槽で飼育するアロワナでも、時として高いジャンプを行う事がありますので、アロワナを飼育する場合は十分に注意が必要です。

アロワナはおよそ1億年前に出現したと言われ、その体の形も殆ど変わることなく今日に至っていると言われている古代魚です。

アロワナは観賞魚としては非常に高い人気があり、ペットショップなどでも高額な値段でアロワナの取引がされているようです。

posted by ドンドコ at 10:45 | アロワナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。